通学免許との違い

スケジュール通学免許の場合、教習を受けるためには、生徒自身が予約の手続きをしなければなりません。したがって、シーズンや日時によっては、予約の希望者が集中して、定員がいっぱいになり、申込みが締め切られてしまうこともあり得ます。そうした場合、希望する日時の予約をあきらめて、別途手続きを行なう必要性が生じて来ます。

そのようにして、教習を連続して受けることができないと、覚えた知識を忘れたり、運転の感覚が鈍ったりしがちになるという問題があります。一方で、合宿免許の場合には、前もってスケジュールが決まっており、それに沿って教習を受けることになるので、短い期間で上達しやすいというアドバンテージが存在します。

ただし、合宿免許の場合、事前に教習スケジュールが定められているため、自分の都合に合わせてスケジュールを変更することは難しくなります。また、免許を取得するための合宿へ参加するには、ある程度まとまった休みを取らなければなりません。ビジネスや家事、子育て、学業などの都合上、それらの問題があると困るという場合には、通学免許を選択するのがおすすめの方法です。通学の場合、1回1回の予約を自分で行なうこととなるので、マイペースに教習スケジュールを組むことができます。

費用や時間のメリット

合宿免許の場合、教習を受けるための費用はもちろんのこと、宿泊費や食事代など、全てを含めたパック料金が設定されていることが多くなります。また、交通費も、教習所から支給されるケースが多く存在します。それらの諸経費を合算した場合に、通学免許と比べると、断然リーズナブルな金額の負担で済むのは合宿免許のメリットと言えます。

初心者マーク次に、通学免許と比較して、短い期間で卒業することができるのも、合宿免許のアドバンテージです。通学の場合、卒業するまでには、通常でも1ヶ月ほど掛かりますが、夏休みや年末から3月にかけてのシーズンなど、繁忙期には、2~3ヶ月の期間を必要とします。その一方で、合宿の場合には、AT限定なら14日程度、MTであれば16日程度という期間で卒業することが可能です。

合宿の場合、前ページでも説明したように、あらかじめ定められたスケジュールにしたがって教習を受けることとなります。そのため、通学免許のように生徒が自ら予約をする必要はなく、手続きに掛かる時間やエネルギーを負担しなくて済みます。また、予約が空くまで待たされることもなく、連続して教習を受けることができるために、通学免許と比較して、卒業までに掛かる期間を短縮することが可能になります。

合宿免許の概要と特徴

泊まりこみこれから自動車の運転免許を取得しようという場面では、教習所の選び方にも気を配ることが大切なファクターです。免許取得のために利用することのできる教習所にも、さまざまなところがあります。そのような状況の中では、合宿免許のプランがある教習所を重点的にチェックするのも1つの方法です。合宿免許プランを利用するにあたっては、その概要や特徴、通学免許プランとの相違点など、さまざまな事柄に気を配ることが大事になります。

合宿免許とは運転免許を取得する為に教習所に設置された宿泊施設や提携しているホテルに泊まりこみ、決まったスケジュールに沿って教習を受けていく合宿のことをいいます。

合宿免許とは、運転免許の取得のために自動車学校(教習所)に併設された宿泊施設に泊まりこみで決められたスケジュールにしたがって教習を受ける合宿です。

一定の期間、それぞれの教習所に指定された宿泊施設に滞在しつつ、集中的に教習を受けることとなります。こちらのプランで利用する宿泊施設には、寮やホテル、旅館など、さまざまなバリエーションがあります。そういった特徴はあるものの、卒業するために必要となる教習の内容や量、卒業した後の対応方法は、通学免許と変わりありません。合宿免許でも、通学免許と同じように、卒業が認められれば、証明書が交付され、試験場で筆記試験を受け、免許を取得する流れとなります。

合宿免許の場合、通学免許と比較して、免許を取得するために負担することとなる費用が安上がりになるというメリットがあります。次ページにて詳しく説明していきます。