通学免許との違い


通学免許の場合、教習を受けるためには、生徒自身が予約の手続きをしなければなりません。したがって、シーズンや日時によっては、予約の希望者が集中して、定員がいっぱいになり、申込みが締め切られてしまうこともあり得ます。そうした場合、希望する日時の予約をあきらめて、別途手続きを行なう必要性が生じて来ます。そのようにして、教習を連続して受けることができないと、覚えた知識を忘れたり、運転の感覚が鈍ったりしがちになるという問題があります。一方で、合宿免許の場合には、前もってスケジュールが決まっており、それに沿って教習を受けることになるので、短い期間で上達しやすいというアドバンテージが存在します。

外部情報〔合宿免許.com━合宿免許情報

ただし、合宿免許の場合、事前に教習スケジュールが定められているため、自分の都合に合わせてスケジュールを変更することは難しくなります。また、免許を取得するための合宿へ参加するには、ある程度まとまった休みを取らなければなりません。ビジネスや家事、子育て、学業などの都合上、それらの問題があると困るという場合には、通学免許を選択するのがおすすめの方法です。通学の場合、1回1回の予約を自分で行なうこととなるので、マイペースに教習スケジュールを組むことができます。