費用や時間のメリット


合宿免許の場合、教習を受けるための費用はもちろんのこと、宿泊費や食事代など、全てを含めたパック料金が設定されていることが多くなります。また、交通費も、教習所から支給されるケースが多く存在します。それらの諸経費を合算した場合に、通学免許と比べると、断然リーズナブルな金額の負担で済むのは合宿免許のメリットと言えます。

次に、通学免許と比較して、短い期間で卒業することができるのも、合宿免許のアドバンテージです。通学の場合、卒業するまでには、通常でも1ヶ月ほど掛かりますが、夏休みや年末から3月にかけてのシーズンなど、繁忙期には、2~3ヶ月の期間を必要とします。その一方で、合宿の場合には、AT限定なら14日程度、MTであれば16日程度という期間で卒業することが可能です。合宿の場合、あらかじめ定められたスケジュールにしたがって教習を受けることとなります。そのため、通学免許のように生徒が自ら予約をする必要はなく、手続きに掛かる時間やエネルギーを負担しなくて済みます。また、予約が空くまで待たされることもなく、連続して教習を受けることができるために、通学免許と比較して、卒業までに掛かる期間を短縮することが可能になります。